自然をきりとる!
テラリウム

水槽や透明な容器の中で森や自然を再現するテラリウム。
一口にテラリウムと言ってもたくさんの種類があります。
小瓶の中にコケをレイアウトした『コケリウム』から、熱帯魚を泳がせた『アクアテラリウム』まで。
それぞれに特徴があり、楽しみ方があります。
このサイトでは、その魅力に迫ります!

テラリウムとは?

自然をモチーフにした総合水槽です。

草花や苔など、陸上に存在する植物を育て、管理する水槽を『テラリウム』(Terrarium)と呼びます。

19世紀のイギリスから始まり、現在では基本となるテラリウム以外にアクアテラリウム(植物と同時に熱帯魚を飼育するなど、水の要素があるもの)・コケリウム(苔を中心としたもの)・ビバリウム(爬虫類に特化したもの)・パルダリウム(熱帯雨林をモチーフにしたもの)などに細分化され、愛好者を増やし続けています。
テラリウムの種類
テラリウムの種類ごとの
特徴をまとめました。

アクアテラリウム

水(aqua)+陸(terra)

その名の通り、陸地と水の要素を両立させたテラリウムです。

植物と共に淡水魚を飼育するスタイルが多く、自然の川を切り抜いたようなデザインの水槽です。

その性質から、アクアリスト達からの支持も大きいテラリウムです。

コケリウム

苔に親しむ、和みの水槽

苔を中心とした陰性植物のテラリウムで、小さなガラスボトルからでも始めることができます。

苔は園芸店で購入するだけでなく、自ら野山で採取し、育む方もいます。

しっとりとした画のような世界観が、見る者を魅了します。

ビバリウム

大地の彩を感じる水槽

爬虫類用のケージ(水槽)を利用して始まりました。

爬虫類の棲む自然を再現する水槽で、それゆえ水の要素が少ないのが特徴です。

当然、爬虫類の飼育に向いたテラリウムです。

パルダリウム

熱帯雨林の情景を楽しむ

ビバリウムを差別化したもので、熱帯雨林を再現して楽しむ水槽です。

好みによって、水の要素を加えたり、陸地のみを追及したりなど、広義的なテラリウムです。

種類の分類について

カスタムひとつで多様に変化

図はおおまかな分類図です。

テラリウムの種類は大きく分けて、陸地に傾いているものと水に傾いているもの、陰性植物が多いか、などに分けられます。

アイテムをレイアウトしたり、シダや苔を多く配置し、緑あふれる山の情景の再現や、ライトやエアープランツなどを使い温暖な気候を再現するなど、テラリウムにはお好みの要素を取り込んだ水槽を手掛ける、カスタムメイドな楽しみがあります。

これからも新しいテラリウムが誕生していくことでしょう。

運営会社
会社名 株式会社東京アクアガーデン
代表取締役 戸次 元樹
所在地

本社    
〒171-0014  東京都豊島区池袋4-26-3

営業所
〒171-0014 東京都豊島区池袋4-27-12 CPビル3F

公式ホームページ http://www.t-aquagarden.com/
代表取締役 戸次 元樹